top03

お肌のケアはいつ何時もかかせないものですが、冬の寒さと乾燥には特に気をつけなければいけませんよね。冬は空気が乾燥しているため体も乾燥しやすく、痒くなってしまうこともしばしばです。冬だけでなく、夏場のエアコンでの乾燥に悩まされている方も少なくないかもしれません。

冬というのはただでさえお肌の水分量が少ないのですが、外気の気温によってさらに蒸発していってしまうのだそうです。また、冷えによって血液の循環が悪くなり、新陳代謝が乱れてしまうという問題があります。

実は汗をかかないというのも冬に肌が荒れてしまう要因になっているそうです。汗には尿素やミネラル、乳酸といった肌に良い成分が含まれているので、汗をかくことによってお肌の潤いを守ってくれる膜のような存在になっているということなのでしょう。

また、汗をかかないで毛穴が詰まってしまうというのも肌に良くない状態ですから、やはり冬でも汗をかくことは大切なのです。運動だけでなく、辛いものを食べて汗をかくというのもよいかもしれません。体も温まることでしょう。

顔の保湿をする際は保湿クリームと化粧水を混ぜるようにして使うのがおすすめです。保湿クリームがゆるくなり、伸びが良くなります。手のひらで少し温めるようにしてから使うのもおすすめしたいですね。